裏カジノ@大阪より安全気軽に本物カジノゲームを楽しむ方法

【裏カジノ@大阪より安全に摘発の心配なしにカジノで遊ぶ方法】

インターネットを利用したネットカジノで賭博をしていたとして、
大阪府警保安課などは6日、常習賭博容疑で、大阪市淀川区西中島の賭博店「ゴルゴ」を摘発、
同容疑で、経営者の松本祐一容疑者(45)と従業員ら計3人を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。

3人の逮捕容疑は、2月23日午後0時20分ごろ、店内のパソコンで客にゲームをさせ、
現金と交換したポイントを賭けさせたとしている。府警によると、パソコンでバカラやポーカーなどのゲームができ、1ゲーム千円から賭けられたという。

客にパソコンなどを使ってネットカジノをプレイする場所を提供して、
現金に交換もしてくれるインカジは(裏カジノと同様に)、
賭博行為が成立しているものとみなされ摘発・逮捕される危険があります。

裏カジノとは

最近、プロ野球やバドミントンなどのスポーツ選手が出入りしていたことが判明して、
社会問題化している感がある「裏カジノ」ですが、そもそも裏カジノとはとは、どんな場所なんでしょうか。

裏カジノは高級マンションの一室や繁華街の雑居ビルの中などに立地している場合が多いですが、
中には(外交特権を悪用して?)在外公館(大使館)の中で営業していたこともありました。
「治外法権だから安心」と偽ってカジノの会員を集めていたそうです。

「都内に、50坪以上あるような大バコからバカラ台が1~2台の小ぶりな店まで含めると100近くはあるでしょう。かつては調度品などにも贅を凝らした店が多かったけど、今は、摘発を逃れるために月に一度は場所を変えるので、簡素で勝負に集中できる環境にしている店が中心です」(裏カジノ経営者)

(出典:現代ビジネス/一度行ったらやめられない「裏カジノ」の妖艶な世界

「裏カジノに入るには、特別なルートが必要です。(中略)紹介制が一般的で、特にスポーツ選手はタニマチに連れられて来ることが多い。また、高級クラブのホステスが紹介役になるケースもあります。自分の客に賭けさせて、賭け金の1割程度をマージン(紹介料)として受け取るのです」

(出典:週刊ポスト2016年4月29日号)

また、違法な存在なので当然ですが、警察の摘発を警戒する目的で店の警備も厳重で、
入り口には防犯カメラを設置し、別に見張り役の店員もいることが多く、
また、扉を開けるともう一つ別の扉が設置されている二重ドアの店も多いです。

さらに、店があるフロアには、通常エレベーターが停止しないようにしておき、
常連客が連絡すると当該フロアに停止するようエレベーターの設定を変更する店もあります。

ここまでくると、一見の客はほぼ入店できないのはお分かりいただけると思います。

闇カジノとは

闇カジノも裏カジノも同じで、人によって使用する<呼び名>が異なるだけです。

この他にも、
・地下カジノ
・アングラカジノ
・脱法カジノ
・闇スロ
・裏スロ
などの名称が使われることがあります。

※闇スロや裏スロは、パチスロ機を風営法の許可を取らず違法に設置して客に遊ばせる場所で、
裏カジノとはプレーできるゲーム内容が異なりますが、食事や飲み物、タバコは無料など店の仕組みはよく似ています。

インカジとは

インカジ
通常は、インターネットカジノの略語=インカジ、
と理解されてる方が多いのではと思います。

一般的にインターネットカジノというと、
インターネットを使ってアクセスできる海外のカジノサイトのことで、
オンラインカジノと呼ばれることも多いです。

しかし、この場合のインカジは「最近増えている裏カジノの1形態」という理解が、
最も、実情に合っていると思います。

というのも、インターネットカジノをプレイする場所を客に提供し、
客が勝った場合は、その場ですぐに清算して現金に交換してくれる(違法な)店が存在し、
これらの違法なカジノ店のことを、特に日本では「インカジ」と呼ぶ場合が多いからです。

(一部の人間の間で使われる業界用語みたいなものと思えば理解しやすいかも知れません。)

利用する客の立場から言えば、賭けに勝ったらその場でキャッシュに交換して貰えるので大変便利な存在だったりすると思いますが、
当然、違法で裏カジノと同様に警察の摘発の対象です。

裏カジノ(インカジ)は利用してはダメ

裏カジノはモチロンですが、客にインターネットカジノで遊べる環境を提供して、
賭けに勝ったら即キャッシュに清算まで可能な「インカジ」も、
国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して警察に摘発される危険がありますので絶対利用してはいけません。

現にこれまで、全国のインカジが賭博容疑で摘発されて、
店の関係者は当然のこと、利用者の客も逮捕されています。

なので、裏カジノに加えてインカジも利用しないで下さい。

(店側の人間から合法ですと説明されても、信じてはいけません。)

オンラインカジノは安心して遊べます

一方で、外国のオンラインカジノに、パソコンやスマートフォンを使って日本国内の自宅などからアクセスして、ギャンブル(賭け)を楽しんでも、それを取り締まる法律が存在しないので、警察に摘発されたり捕まることはありません。

※日本国内から外国のオンラインカジノにアクセスしてギャンブルをすることの違法性については、裁判所は判断をしていません。

インカジとオンラインカジノの違いって、少しややこしく感じるかも知れませんが、
要は、個人的に海外のカジノサイトにPCやスマホでアクセスして遊ぶことは自由です。

ただし、客の為に海外のカジノサイトで遊べる場所を提供し、
客が勝ったら現金に清算してくれるインカジは、
国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、警察の摘発の対象となり、
利用者である客も逮捕の対象になりますので注意が必要です。

オンラインカジノが使いやすくなった

casino6
一方、ここ数年でオンラインカジノは一段と便利で使いやすくなりました。

例えば、一部のオンラインカジノでは、

・クレジットカード入金に対応したり
・スマホ(スマートフォン)でプレイ可能になったり

サイトの日本語対応化は当たり前といった感じです。

とくにクレジットカードで入金できるようになったのは大きいと思います。
カードで入金すると、スマホゲームで課金するような感覚で入金ができます。

さらに、カジノ内の自分のアカウントにすぐ反映されるので待たされること無くプレイを楽しめます。
(銀行振り込み等の他の方法だと、アカウントに反映されるまで待たなければなりません。)

逆にオンラインカジノから出金する場合も、ネッテラーやi-BANQなどを使えば、
数日でコンビニのATMから出金できますので本当に便利ですよ。

個人的には、もう、わざわざ危ない目に遭いに裏カジノまで出かけていく必要は無くなった気がしています。

ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などから訪れてプレイをしても、
現在のところ、取り締まる法律がないので罪に問われる心配はありません。

(合法でも非合法でもないグレーな存在ですが検挙例は皆無です。)

オンラインカジノと違法なインカジの違いとは

両者とも海外のカジノサイトにアクセスしてプレイするところまでは同じですが、
違法なインカジは店内で現金に交換もできてしまうところが
日本国内での賭博行為が成立しているものとみなされ摘発・逮捕の対象になります。

オンラインカジノのススメ

危険を伴う裏カジノより、スマホでも遊べて
リアルマネーで安全に本格的カジノゲームをプレイできる
オンラインカジノでスマートにカジノライフを楽しみませんか!

■No.1:エンパイアカジノ(おすすめ度

↑おすすめポイント:エンパイアカジノは本物のカジノ(ランドカジノ)を保有する企業が運営するオンラインカジノなので、(他のオンラインカジノでは真似できない位)ディーラーの在籍数が多い。なので相性がいいディーラーの卓に移動するいう戦法も使えます。※クレジットカード入金に対応済でスマホでもライブバカラを楽しめます。

■No.2:ベラジョンカジノ(おすすめ度

↑おすすめポイント:ベラジョンカジノはクレジットカード入金に対応済でスマホでも遊べる便利で使いやすい人気急上昇中のオンラインカジノです。ソフトのダウンロードが不要なのでPC(パソコン)が苦手な方には特におすすめです★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度

↑おすすめポイント:ワイルドジャングルカジノはジャックポットが頻出することで有名なオンラインカジノで、その賞金額は億を超えることもあります(数千万円はザラ)。この破壊力がワイルドジャングルの一番の魅力になっています。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用です。




【要注目★新着カジノ】30ドル無料進呈中!

「カジクラ(CasiQura)」は、ゲームセンター感覚で遊べるスマホカジノゲームです!※ハイローラー向けVIP プログラム完備

コメントを残す




CAPTCHA